応援ナースは離島や都市圏

看護師の雇用形態は

 

1日だけ働く単発バイト

 

長期間働く正社員

 

まで様々なものがあります。その中で特に最近人気を集めているのが

応援ナースという働き方

応援ナースというのは、その名の通り応援として働く方法で、人手の足りない病院や施設、繁忙期の病院に短期間だけ応援のために働くという働き方

その期間は3ヶ月〜6ヶ月であり、その職場が気に入れば期間延長はもちろんの事、希望すれば正社員登録も可能になります。

 

応援ナースが募集されている地域は、

人口が多い都市圏

 

看護師が少ない離島・沖縄・北海道

 

応援ナース 首都圏
等があります。どの地域も短期間での契約で働く事ができるため、旅行が好きな方であればいろんな場所に応援ナースとして働きに行く事も可能です。そして応援ナースには他にも魅力的な事がたくさんあります。

 

お給料

 

応援ナースは短期間のため残念ながらボーナスや福利厚生などの手当てはありません。しかしその分月々のお給料が正社員の看護師と比べて高く設定されていて、短期間での貯蓄が可能になります!

 

寮やアパート完備

 

すぐに働く事ができるように寮やアパートなどが準備されている事です。ほとんどの場合、家具付きの住むところが準備されているため、身の回りの物を持って行くだけで引っ越しすることができます。中には引っ越し準備金や赴任費用まで準備してくれる施設もありますよ。

 

電話面接だけで可

 

入職する際に面接がなく、書類審査や電話応対のみで内定が決まることも応援ナースの魅力になります。

 

>>>【短期勤務】沖縄・離島で働く看護師サイトナースパワー人材センター

 

応援ナース求人が豊富なナースパワー人材センター

応援ナースとして働くためにはどうしたら良いかですが、都市圏、離島・沖縄、そして北海道とどの地域にも特色があるため、やはり自分自身に合ったところをきちんと選ぶ事が大切になります。そのためには看護師転職サイトを利用する事で非常に手続きが楽なのでお薦めしております。

 

看護師転職サイトでは担当者と相談し、転職先との仲介をしてくれます。しかし看護師転職サイトは数多く存在し、応援ナースを不得意とする転職支援もあります。私が知っている限りでは一番「応援ナース」に力を入れている看護師転職サイトがナースパワー人材センターかと思います。

 

応援ナース ナースパワー

元々応援ナースというのはナースパワーが平成12年に開発した独自の就業スタイルであります。そのため数多くの応援先を取り揃えており斡旋しています。

 

大勢の看護師が利用し応援ナースとして働き実績があるため、不安や悩みに関してもしっかりしたアドバイスをもらう事ができます。

 

実際に応援ナースとして働いている人の体験談もサイト内に多く記載されているため読んで参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ナースパワーは看護師転職サイトとしては全国で初めて厚生労働大臣が許可した事業所であり、25年の歴史がある約10万人の看護師が利用している信頼のおけるサイト。全国13拠点の事業所があり、それぞれの地域で転職、就職、派遣をサポートしています。そのため各地域の詳しい情報も得ており、25年の中で築いた信頼のおける施設との仲介を行っているため安心して転職を任せることができます。

ナースパワーに登録は簡単

 

ナースパワー 登録

サイトから1分の簡単無料登録を行うだけで専門コーディネーターから連絡が入り相談することができます。

 

実際に応援ナースとして働くかどうか迷っている人でも登録することにより相談を受けることができるため、まずは登録することをお薦めします。
もちろん登録から相談、就業まで一切お金はかからず全て無料になりますのでまず行動!

 

応援ナースをしたいなら

ナースパワー 応援

合わせて登録すると良い看護師求人サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク

 

看護師求人サイトの中では求人数がかなり多くて有名な大手求人サイト「ナース人材バンク」コンサルタントの方に相談すると良いかと思います。

 

ナースパワーにないような求人もある可能性が高いと思いますので、プラスで応援ナース終了後に登録しておいた方が通常求人等の数も多くから選んだ方が良いですので!

ナース人材バンク 登録

 

応援ナースとして働く条件

 

応援ナース 条件

看護師や准看護師の免許を持っている事は必須。
応援ナースは人手が足りない施設のヘルプとして働くため経験年数が重要になります。経験年数の期間は施設によって異なりますが、ほとんどの場合は3年以上の経験年数を必要としています。経験年数が満たされていても、即戦力として働く自信がない方には少し大変かもおしれません。

 

また慣れない土地で働くため、仕事でのストレスはもちろんの事、生活面でもストレスを感じてしまうかもしれません。引っ越しも必要になることが多いため、結婚されている方や子どもがいる方には難しい雇用形態かと

 

応援ナースは新しい職場や環境で働く事ができる最高のリフレッシュ方法です。

  • 今の職場にストレスを感じている方
  • 目標があり短期間で貯めたい方

には特にお薦めの雇用形態です。ぜひあなたも応援ナースとして働いてみましょう(^-^)

 

応援ナースの給与

応援ナース 給与

応援ナースは通常のナースよりもお給料が高いと簡単に説明しましたが、そのお給料についてもう少し詳しく説明したいと思います。

 

応援ナースは先ほども述べましたがボーナスがありません。それは応援ナースが短期間での雇用形態になるためです。また退職金もないのでその分が1ヶ月分のお給料に反映されてくるのです。一体どのくらいもらえるのでしょうか?応援ナースのお給料は働く地域によって変わってきます。

 

離島や沖縄の場合

看護師であれば1ヶ月25万円から45万円、准看護師であれば22万円から35万円が相場になります。
一見通常の看護師と変わらないような金額ですが、離島や沖縄の看護師のお給料の相場が15万円から30万円と全国平均に比べ低くなっているため、やはり通常の看護師よりお給料は高いという事になります。

 

離島や沖縄では家賃は都市圏に比べると安く、また出かける際の交通費もあまりかかりません。レジャーも都市圏と比較すると安価のため、そういった面では生活を維持するためのお金は都市圏よりも安く済みます。手元に残るお金は都市圏で働くより多くなる可能性もあります。

 

都市圏の場合

応援ナースの1ヶ月のお給料は、看護師であれば45万円から50万円、准看護師であれば37万円から40万円が相場と言われています。通常の看護師であれば月平均32万円と言われているため、かなり高いことがわかります。

 

住むところは準備されているため家賃はかからずにこの値段のお給料をもらえるとなるとかなりのお金が手元に残ることになります。そのため応援ナースの働き方として、短期間しっかり働きお金を貯めて契約が切れると海外留学をしたり、世界一周の船に乗ったり、長期の旅行に出かけたりし、また戻って来ると応援ナースとして働く、という理想の働き方をしているナースも多く見受けられます。

 

北海道の場合

リゾート気分を味わう事ができ、且つ都市圏並みのお給料をもらう事ができる応援ナースがあります。それは北海道での応援ナースです。北海道応援ナースのお給料の相場は、看護師であれば45万円から50万円、准看護師であれば37万円から40万円と都市圏の応援ナースと全く変わりません。そのため、最近注目されている地域でもあります。

応援ナースのお給料を比較するとよくわかりますが、地域によってかなり差があることがお判り頂けたかと思います。応援ナースとして働く時はぜひお給料に関してもしっかり注目して探して下さい。

 

応援ナースをしたいなら

ナースパワー 応援

 

首都圏・都市圏の短期応援ナース

実際の応援ナースの詳しい仕事内容を説明したいと思います。

首都圏・都市圏で応援ナースを募集している施設は緊急度が高い施設が多く、即戦力にかなり期待しています。東京はもちろんの事、全国の人が多く集まる都市で募集されています。

 

科目としては急性期病棟やオペ室などの募集が多くありますが、時には慢性期や高齢者施設からの募集もあります。

首都圏の応援ナースの特徴

 

給与面での記事でも紹介しましたが、なんと言っても1ヶ月のお給料が高い事です。月40万円以上は当たり前の仕事なので、短期で稼ごうと考えている人にはお薦めの仕事です。

 

通常は首都圏や都市圏で働くためには住む所を探し家賃を払わないといけません。都市圏や首都圏の家賃は高額で出費も多くなりますが、応援ナースであれば寮やアパートが準備されており、中には家賃が完全無料になる施設もあるため、地方から応援ナースとして働こうと考えている人にも安心です。
最新の医療機器や技術の中で働く事ができるため自分自身のキャリアアップにもつながります。

 

しかし、首都圏・都市圏の応援ナースとして誰でも働く事ができる訳ではありません。

応援ナースに経験年数が必要であることは先ほども説明しましたが、都市圏・首都圏の応援ナースは特に重要になります。それはやはり職場の緊急度が高いためです。応援ナースに期待されている事は即戦力です。職場に関しての説明はあるものの看護技術に関してはそれなりの知識を持ち説明なしで取り掛かれるくらいのスキルが必要になります。

 

また忙しい職場にも動揺することなく、冷静に判断し動くことができる力が必要になります。自分自身のキャリアアップだけを考え、また貯蓄だけを考え、首都圏・都市圏の応援ナースとして働くと施設側の負担はもちろん、自分自身にも大きな負担となります。

首都圏・都市圏応援ナースとして働こうと考える時にはまず、しっかりした情報を集める事が大切

例え短期間であっても自分に合った職場であるかどうかをじっくり見極めて下さい。そのためにも応援ナースとして働くには看護師転職応援サイトなどを利用すると安心です。

 

他にも短期間での雇用のため勉強会に参加させてもらえない施設もあったり、時には応援ナースの給与が高額であるという事を言われてしまったりする事もあるようです。首都圏・都市圏で働く応援ナースはたくさんいます。人手不足で困っている職場を助けるという意味でもぜひ首都圏・都市圏での応援ナースに挑戦してみてください。

 

沖縄・離島の応援ナース

次に沖縄・離島の応援ナースについて紹介したいと思います。

 

離島のイメージ

青い海、都会の雑踏がうそのような静けさ。沖縄・離島の応援ナースが働く職場はまさにリゾートと呼ばれるような職場です。

 

沖縄や離島での応援ナースはとても人気がある職場で、その理由として、看護師として働くだけでなくリフレッシュや息抜き、癒しを得ることができるのも1つだと思います。

沖縄や離島では看護師の慢性的な人手不足に悩まされています。そのため応援ナースを募集している施設が多くあります。医療技術は特別なものは必要なく経験年数があれば問題ありません。

沖縄・離島の応援ナースの特徴

 

旅行気分を味わう事が出来るという事です。普段旅行で訪れているような場所で働く事ができるため、休日は観光やマリンスポーツを楽しむ事ができます。また短期間ではありますがその地域に住むことができるため、地元の人しか知らないようなビーチを教えてもらったり、その地域の伝統的なお祭りに参加させてもらったりと旅行では経験できないような事を体験することができます。

 

ほとんどの場合赴任費用が支給されるため旅費もかからない事が魅力です。同じように応援ナースとして働きに来ている人も多くいますし、地元のナースも応援ナースに慣れている事が多く、人間関係に悩むような事もあまりありません。地元のスタッフと仲良くなり、その後も交流を続け、旅行のたびに会いに行くというような事もよく聞かれます。

 

デメリット

 

沖縄や離島では方言が強く、高齢者が多いため言葉が聞き取れないという事が多くあります。台風などの自然災害も起こりやすいためそれなりの心構えが必要になります。生活の拠点を動かさないといけないという事もデメリットになります。短期間とはいえ引っ越しが必要になるため、家族で移動できる状況であれば問題ありませんが、子どもがいる人ではやはり難しい職場になります。

 

他に多少なりとも医療格差があり、都市部の最先端の医療技術で働いていた人にとっては少し物足りない印象を受けるかもしれません。

それでも沖縄・離島で働く応援ナースは、半年の予定だったけれども期間延長をする人や、中にはそのまま正社員登録する人も多くいます。それはやはりその地域がそれだけ魅力的なところだという事です。今の職場で人間関係や仕事に関して悩み、気分を一新したいという方にはぜひ挑戦してもらいたい職場です。きっと心から癒され、また看護師として働く事が楽しくなるはずです。

 

応援ナース 口コミ・評判

 

都市部の応援ナースとして働きました

 

世界一周の船に乗ってみたかったんですが、正社員だとなかなか長期で休みが取れず、契約社員やパートではお金を貯めることができないので、どうしたらいいか悩んでいたところに応援ナースという働き方があるということを知りました。経験年数は3年ぎりぎりでしたが、ナースパワーさんに相談したところ、急性期ではなく慢性期で募集している施設を紹介して頂く事ができました。

 

それでもやはり忙しさは半端なく、一日中ケアに追われていました。でも、半年間という短期間であるということ、それが終わると世界一周が待っているということを考えると、日々の仕事も全く苦痛に感じることはありませんでした。そして半年間でなんとか目標金額を貯めることができたので目標の世界一周に行ってきました。その期間もあっという間で、また仕事をしないといけませんが、次は船で行った国の中でもう一度行きたい国がいくつかあるので、また応援ナースで働いてお金を貯めて行きたいと思います。

25歳 女性 Kさん

休みの日はシュノーケリング

 

沖縄の離島で応援ナースとして働きました。職場での人間関係に疲れてしまい前の職場を辞め、思い切って沖縄に行きましたが、行って本当によかったと思います。まず海が真っ青でそれを見ているだけでもとても癒されます。職場の人もみんな優しく、同じ応援ナースとして働きに来ている人はもちろん、島の人もみんなで楽しく働く事ができました。

 

休みの日はシュノーケリングに出かけたり、知り合いの船に乗せてもらって釣りをしたり、普段では絶対にできないような事をする事ができました。また地元のお祭りも見ることができ、三線の音色がとても気に入ったので私も購入し教えてもらいながら少しずつ弾けるようになりました。初めは半年間の予定でしたが本当に楽しく期間延長し、結局1年働いてしまいました。

 

帰る時は本当に辛く悲しく、このまま辞めてしまっていいのか、島に残ってもいいんじゃないか、と何度も自問自答しました。でも、家族と離れている事に不安を感じ、島を離れることにしました。今は地元の病院で働いていますが、あの期間は本当に夢のような時でした。仲良くなった地元のナースとは今でも連絡を取り合っているのでまた会いに行きたいと思います。

29歳 女性 Sさん

 

応援ナース説明会

首都圏・都市圏や離島・沖縄・北海道のリゾート地など、希望の地域で短期間の期限付きで働く事ができる応援ナースですが

いくら短期間とはいえ知らない土地や場所で働く事に関して、多少の不安があるかと思います。

また経験年数が必要である応援ナース、実際はどれくらいの能力を求められるのかなど、疑問はどんどん出てくるかと思います。そういった不安や疑問を解決するには担当のコーディネーターさんとの相談になりますが、応援ナースに関しては全国各地で説明会が行われており、説明会に参加するのも一つの手です。

 

説明会はナースパワーが毎年行っている

 

応援ナースの説明会はナースパワーが毎年行っており、過去に札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、鹿児島、沖縄で実施され大盛況だったようです。

 

説明会の内容

 

応援ナースの体験談があり、応援ナースとして働いたことがある方からこれから応援ナースとして働こうと考えている人へメッセージという形で話を聞くことができます。

 

応援ナースの就職相談コーナーや、応援ナース体験者への質問コーナーもあり、個々で話を聞いたり質問したりすることも可能です。

 

実際に高額のお給料で働いた人の話や、旅行と仕事を繰り返しながら夢のような生活を送っている人の話、離島での暮らしを満喫した人など実際に体験した人の話を聞いたり、病院の画像も入った全国の応援先病院の資料も展示されていたりと、より具体的なイメージを持つことができると思います。

 

ベテランのコーディネーターさんと直接顔を合わせて相談できる事で、より不安や疑問も解決しやすくなります。

 

実際に説明会に参加された方は

本当にそんなに高額のお給料をもらう事ができるのか半分信じていなかったけれど、説明会でもらえる仕組みを教えてもらった事と、実際に応援ナースに参加してもらった方の話を聞く事が出来て信じられるようになった!

沖縄に住むことに憧れていたけれど不安が大きく一歩が踏み出せなかった。説明会で体験談を直接聞く事でやっぱり自分も行ってみたいと強く思いました。

などの声がありました。

説明会情報

 

応援ナース説明会

 

説明会への参加はもちろん無料です。説明会の開催日程や場所はナースパワーのサイトから情報を得ることができ、説明会への応募もサイト内から応募する事ができます。

 

応援ナースに興味がある方、応援ナースに参加してみようと考えている方、とりあえず話だけ聞いてみようという方、どなたでも問題ありません。

 

ぜひ応援ナースの説明会に参加してみてください。

 

 

>>潜在看護師復職支援 TOP