イベントナースとは

イベントナース画像

イベントナースとは、コンサートやフェスティバル、スポーツ大会等のイベント時に設置される救護室で働くナースの事です。人気アイドル歌手のコンサートもあれば、町のキッズイベントや盆踊り、花火大会、マラソン大会や、中学校や高校生の連合スポーツ大会等もあります。

 

またごくまれにテレビ制作関連のイベントナースの仕事もあります。仕事の日数も様々で1日単位から連日に及ぶ仕事もあります。

 

仕事の内容

 

イベントで設置されている救護室に待機し、急な体調不良やケガをされた方の救護を行います。例えば、真夏のイベントであれば熱中症や脱水症状で体調を崩す人がいるので、救急車を呼ぶべきか涼しいところで休ませるだけで大丈夫かを判断したり、スポーツ大会ではケガの応急処置を行ったりします。

 

基本的には待機しているだけで待ち時間が長い事がほとんどですが、時には観客が将棋倒しになってしまったり多人数の人が体調を崩してしまったりと、大勢の救護をしないといけない時もあります。

 

メリット

 

イベントを楽しみながら仕事ができることです。待機時間が長いため、コンサートなら音楽を聴きながら、スポーツ大会なら応援しながら仕事をすることができます。また、病院と違い医療関係者以外の様々な職種の人と一緒に仕事をする事になり、病院とは全く違った経験をすることができます。その他にも、医師と一緒の事が多いため相談する相手がいることもメリットです。

 

デメリット

 

何が起こるかわからないということです。救護室に来られた方の症状だけで応急処置を行わないといけない事もあるため知識が必要になります。また大勢の処置が必要になる時もあるため冷静に迅速に動く能力が必要です。そのため、外来や救急で働いていたナースが優遇されることもあります。しかし、こういったイベントに参加される方は健康に問題がない方がほとんどのため、たいていは何も起こらず長時間待機するだけになることが多くなります。また、いざという時の緊急時の対応ができるかどうか自分自身のスキルを試す絶好のチャンスになります。

 

イベントナースはほとんどが単発の仕事になります。ですので、常勤で働きながら空いた時間にリフレッシュ目的やアルバイト感覚でお仕事をされる方が多く、他にも求職中の間に仕事をされたり、ブランクがあり復帰する前の看護師としてのカンを取り戻すためにイベントナースとして単発で働く方もいますよ!

 

>>>イベントナースの仕事を一番探せる看護師求人支援サイト

 

イベントナースの求人募集・急募しているか

 

イベントナース求人

実際にイベントナースとして働こうと求人を探してみるとなかなかみつかりません。イベントナースはネットの非公開求人などで取り扱いがある事が多いです。つまり、ネットの求人サイトに登録して探さないと見つけにくいという事です。しかし実際に求人サイトはたくさんあり、それぞれのサイトには得て不得手があります。

 

どのサイトに登録しようか迷い、せっかく登録してもイベントナースの求人は少ないということもあります。そこでイベントナースの仕事を探している人にもってこいの人気のサイトをランキングにして紹介したいと思います。

 

すべて無料登録なので2社くらい登録しておくとタイミング良く見つかる可能性が高いですよ!

 

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク イベントナース1

ナース人材バンクというサイトは、登録しているナースが多くそれだけ信頼度の高い求人サイトになります。それぞれの地域にとても詳しい専任担当者が在籍するため、地域のイベントの求人に関する情報が多く入り、中には公開すれば応募が殺到してしまうようなプレミアム求人もあります。

 

位置情報を使って求人情報を見ることができるので、自宅近くで探す場合にも便利なサイトです。イベントナースに関しても求人数がありますのでご覧ください!

ナース人材バンク イベントナース2

 

看護のお仕事

看護のお仕事 イベントナース1

看護のお仕事という求人サイトはCMで有名です。専任キャリアコンサルタントが条件交渉をしっかり行ってくれるサイトで、キャリアコンサルタントの情報、実績をネットから見ることができます。そのため、安心して相談することができる、コンサルタントの信頼度がとても高いサイト。

 

仕事に対する不安のカウンセラーとなり、悩みの相談にのってくれるため、「はじめてイベントナースとして働くけれど大丈夫かなぁ」というような漠然とした悩みでも親身になって聞いてくれ、解決に導いてくれます。

看護のお仕事 イベントナース2

 

 

どのサイトも登録から仕事の紹介、就業まで全て無料になります。実際に就業するかどうか考えるためにまずは登録、という形でも問題ありません。毎日働けないナース、常勤で働きながらスキルアップのためアルバイトをするナース、育児中のナース、様々な方が登録されていますよ!実際にイベントナースは面白いですし是非とも挑戦してみてください!

 

 

イベントナース 口コミ・評価・感想

 

実際にイベントナースのお仕事をしてみた方の感想等を掲載してみましたよ!

すごい勉強にもなりました!

 

ちょっとしたアルバイトだという気楽な気持ちで高校生の柔道大会の救護班として働きました。当日は医師と2人で会場の端で椅子に座りながらの待機でした。会場内では3か所で試合を行っており、何かあればその場所に医師と一緒に救急箱を持って行くというスタイルでした。朝9時から夕方4時半までの仕事で、途中1時間の休憩があり、お弁当付きでした。私は柔道を間近で見たことがなかったのですが、目の前で試合をしているのを見ているととても楽しく、医師と一緒に応援してしまいました。

 

仕事としては擦り傷で2〜3回呼ばれた他に、足を痛めた生徒がいたため副子で固定しタクシーで病院に行ってもらった事がありました。その生徒さんは骨折でした。そして1番のできごとは、付き添いの教師が頭痛と手足のしびれを訴え急に倒れてしまったことです。私は血圧と脈拍を測り医師に伝え、救急車を呼ぶことになりました。意識があり話すこともでき、搬送された病院で熱中症との診断でしたが、心配している生徒や教師に囲まれてのバイタルサイン測定は、かなり緊張し手が震えてしまいました。

 

この経験のおかげで、自分自身がこういう場面には弱いという事がとてもよくわかり良い経験になりました。次はもう少し事前に心構えをして仕事に臨みたいと思いました。

33歳 女性 Oさん

スキルアップしますね

 

とある音楽フェスの救護室でイベントナースとして働きました。行ってみたかったフェスタだったので見つけた時に即応募し、フェスタに行けるしお金がもらえるしラッキーという気持ちで行きました。でも、音楽は聞こえるけれど救護室からステージは見えず、救護室でも盛り上がるかと思っていたんですが、近くにいたスタッフも真剣に仕事をしていたため一人だけ盛り上がる訳にはいかず、ちょっと思っていたのとは違いました。

 

仕事としては、酔っ払って喧嘩をして頭から血を流した人が来ましたが、大きな傷ではなく消毒をして終わりました。また、1人の妊婦さんが体調不良で来られましたが、安定期で腹痛もなかったので簡易ベッドで横になってもらいました。救護室に患者さんが来られると歌も口ずさめなくなるので本当にフェスを楽しみたい人は普通に行ったほうが良いと思います。待機時間も長いです。

 

でも後から聞いた話ですが、友達は夏の野外コンサートでイベントナースとして働いたときは、熱中症の人がたくさん救護室に来たそうです。場所も狭く救護室のスタッフの人数も少なかったのでとても大変だったそうですが、病院では経験できない事だったので自分自身のスキルアップにつながったと言っていました。今回私は何もなかったけれど、次は、そういう事もあるんだという事を考えて、またイベントナースとして働きたいと思いました(^0^)

38歳 女性 Sさん

 

 

>>潜在看護師復職支援 TOP