看護師の面接・履歴書のコツやポイント

まず最初にやってもらいたいのはホームページを見て、就職しようとしている病院の方針などの情報収集をします。病院の理念や方針、大切に考えていることや求めていることがわかりますね!

 

・看護師の志望動機

 

・自己PR

 

・前の職場を辞めた訳

 

・どうしてこの病院を選んだのか

 

・看護師の長所と短所

 

・転職の回数が多い理由は

 

・看護師として大切にしている事

 

・看護師になった理由

 

・看護師になってからの成功談や失敗談

 

・看護師の職場の人間関係は大丈夫か

 

 

志望動機

たいがい面接時に、なぜこの病院を選択したのかと志望動機を問われるでしょう。病院の大切にしていることと、自分の考えとが同じだと言うと好印象を与えます。この病院でなければ駄目という信念でいると、言葉の端々にその気持ちが現れます。態度や顔付き、表情にまで気持ちが現れるので、強い決意を持って面接に望むと良いです。

 

また病院の方針が、自分にピッタリだったから働きたいと思った、など素直に感じたことを話すと良いです。子育て支援の方針をとっているので希望したとか、ブランクがあってもサポートしてくれるので希望したとかです。「・・・という理由で志望させて頂きました」と答えて、締めくくるのが良いですね。自分の素直な思いを話すと、つい話し方に感情がこもります。熱い思いを伝えるのですから、こちらの気持ちを受け入れてもらいやすいです。

 

退職理由

前の病院を退職した理由を聞かれると思います。嫌な思いをして退職したかもしれませんが、マイナスなことを言わずに、前向きなことを退職理由に上げると良いです。人間関係が良くなかったなどとは、あまり言わないほうが良いでしょう。悪口をいっているというふうに誤解されても困ります。経験年数を挙げて、看護師として吸収できたことなどを前向きに話すと良いです。

 

入ったら何がやりたいか

また入職してから、どんなことをやってみたいかなどを具体的に話すと良いです。積極的に働く姿勢が見えて、好印象を持ってもらえます。履歴書の志望動機の欄にも、以上のようなことを書くと良いでしょう。給料については、基本的には病院側から面接で質問された場合に、答えます。

 

勤務条件については、できることとできないことを最初にはっきり伝えておくと良いですね。夜勤は何回以上はできない、などということです。無理すると、最初は良くても継続して働くことはできません。

 

 

それで普通なら自分でインターネットなどを見て、志望動機などを探して自分に似ているようなものを参考にして書いていくと思います。しかし、看護師の転職になるとなりますと、ちょっとネットに落ちている例文などでは違くなっているのであまりおススメはできませんね。

 

なぜなら人事担当の方もプロなので、そういった例文などを使っているなって言うのはちょっと見たらすぐにバレてしまう事もあり、コピペした志望動機かって感じで良い印象を与える事は困難になってしまうのです。

 

そこで私がみなさんにおススメしたいのが、サイトトップでもランキング1位で紹介した転職サイト【看護のお仕事】です。ココではポイントを押さえた履歴書の書き方を教えてくれるだけではなくて、

 

【履歴書の作成をすべてお願いする事が可能】なんです。これってすごくないですか?

 

これがサポート力No1の一つの力です。もちろんですが無料になっていますので使わない手はないですよね^^

 

 

>>潜在看護師復職支援 TOP